心の墓場

ここは言葉の掃き溜め、墓地のような場所。                      愚痴が中心ですので苦手な方はお笑いでも見ててください。

モビルスーツアンサンブル PART07

f:id:heart_graveyard:20180912023035j:plain

ガンプラの次はアンサンブル。

せわしないようですが、DXの塗装に使う道具を買う際にガチャガチャして入手。

ついでに照明器具(簡単なやつ)を買おうと思ったのですが……

f:id:heart_graveyard:20180912023539j:plain

!?

カプセルが13個。

つまり、13×500円で全て揃えるのに6500円もかかってしまいました……

全5種類なので、最低2500円で揃うことになります。当然そんなことは滅多にないので、だいたい4000円ぐらいで揃う事が多いです。同じやつが連続で3個出るとヘコみますよね、分かってるけど。

思った以上にガチャガチャしちゃったので、照明器具は買えず。今回は代わりの物を試してみたのですが、光量が足らないですねぇ、やっぱり。

次はいろいろ準備してみます(口だけ

 

 

ガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴVer)

f:id:heart_graveyard:20180912025825j:plain

ビームライフルは腰にマウント可能。個人的には別付属でも良かったのでハイパーバズーカが欲しかったです。

 

リ・ガズィ

f:id:heart_graveyard:20180912030611j:plain

アムロ「これでシャアと闘うのか……」

と思ったであろう、いろいろと不憫な機体(個人の感想です)

サザビーバンプレ枠(4200円)になったので、冒頭のアムロVSシャアを再現することはなさそうです。MSEをバンプレ価格で売るのは足元見てる感じがして好きではありませんねぇ。巨大なMS・MAとかなら別ですが……

 

ギラ・ドーガ

f:id:heart_graveyard:20180912032422j:plain

ジオニズムの塊というか、「僕の考えた最強のザク!」って感じが堪らなく好きです。ガシャポン戦士の方でも作ってたので、個人的には「またコイツか……」とぼそり。まぁそれだけ人気というか定番の機体という感じがします。ギラ・ドーガ安定みたいな。

 

f:id:heart_graveyard:20180912033206j:plain

武器セットとの組み合わせで重装型に改装可能。男の子はゴテゴテしたのが好きなんです。

 

〇Gディフェンサー

f:id:heart_graveyard:20180912033619j:plain

みんな大好きカツ・コバヤシの愛機。ゲームとかで一方的に遠距離射撃してたなぁ……

 

まぁこいつとMk-Ⅱがいるということは……

f:id:heart_graveyard:20180912034417j:plain

合体してスーパーガンダムに!(名前がダサいとか言わない)

これ組み立てるのが変に細かいので、ちょっと苦労しました。正直画像の状態が正しいのか自信がありません(笑

 

 

次弾は僕が最も好きな機体F91が登場するみたいです!

MGまだ作ってないけど、ワクワクすっぞ!!(早く作れ

 

 

 

HGAW ガンダムDX

f:id:heart_graveyard:20180902104800j:plain

久々にガンプラを作りました。

今回は永らく部屋の隅に積まれていたHGAWガンダムDXです。

といっても主役はプラモではなく、こっちの方

f:id:heart_graveyard:20180902105257j:plain

プラモデルの仕上げには欠かせないトップコートさんです。

あんまり手間をかけたくない性分なので、今まで仕上げ工程を敬遠していたのですが、未塗装でスミ塗りだけだとやっぱり物足りないんですよねぇ。

「仕上げにトップコートを吹くだけで全然違う!」

という声はちらほら聞くのですが、そういう性格なんでしょうね。

「楽してガンプラ作りたい。」

まぁその気になれば、一日で作れるようなもんなんですよプラモって。

でもそういう作業工程をいくつか省いたモノって貧相になっちゃうから、スミ塗りだったり、丁寧に塗装するわけですよ。面倒だけど。

自分でもここ最近は造形物への拘りが高まってきて、楽したい気持ちを抑えて丁寧に作るようになりました。おかげで積みプラが増えましたが。

今回、トップコートを使ってみようと思ったのはそういう気持ちの延長線上のことで、DXはその実験台というわけです。

 

そんなわけでさっそく、個別に組んだキットに吹いてみました

f:id:heart_graveyard:20180902112413j:plain

いやー、思ったよりも難しい!

最初だから当然なのかもしれませんが、ムラなくきれいに吹くにはやはり慣れが必要。こればっかりはコツを掴むまで修練あるのみって感じですね。

 

トップコートによる仕上げが終われば、後はパーツを組んで完成。

f:id:heart_graveyard:20180902113317j:plain

おお、こいつは凄い! プラモ特有のおもちゃっぽさが無いっ!

未塗装でもトップコートで仕上げれば、やはり整った感じになりますね。

吹きすぎて一部白くなっているのはご愛嬌ということで。

 

胸元アップ

f:id:heart_graveyard:20180902114102j:plain

 

うまくハマらない……

f:id:heart_graveyard:20180902114257j:plain

 

ツインサテライトキャノン(棒立ち

f:id:heart_graveyard:20180902114703j:plain

「過ちは繰り返させないっ!」

台座が無かったのでかっこいいポージングとかないです。

今度買ってきます……

 

 

そんなわけで今回はトップコート仕上げ初挑戦にガンダムDXを作ってみました。ガンプラ入門みたいな記事になっていますが、子どものときから作ってるんですよ一応(笑

初めてのトップコートにDXはどうなんだっていうのもありますが……

それでも手間をかけた作品には愛着が湧くものですね。達成感みたいなものがあるからでしょうか。

ああ、こうやってプラモの深みにハマっていくんだなぁ……

 

 

艦これってこんなゲームだっけ

f:id:heart_graveyard:20180829035719p:plain

5年目を超えた『艦これ』が8月の大規模アップデートで大幅に仕様が変わった(艦これ二期)。

今まではflashで動いていたのが、HTML5ベースになったので、より鮮明に映るようになっている。きれいに映るのは良いのだが、仕様の変更でマップが一新され、全ての海域がリセットされた状態になっているのは、ちょっとガックシ来た。海域のマップが変わるのだから当然であるが、どんな提督も今までの積み重ねがあるはずだ。それをアップデートの一言でふいにして良いのだろうか。

幸い所有の艦娘は全て以前のままだから(当然だけど)、強くてニューゲームみたいな感じで順次海域を攻略していけばいいと楽観していたが、ゲームの性質上、ボスマスに到達し勝利しなければいけない。

つまり、どんなに艦娘が強くてもボスマスに到達しなければ意味が無いのである。

(しかも勝利する必要がある)

ボスマスに到達するための編成を試行錯誤し、それが積み重なって攻略情報となっていくのだが……敵、強くなってませんか?

かなり個人的なことだが、第二期に入って全体的に敵が強くなった気がする。

ずっと古い仕様でやってきた自分にとっては「艦これってこんなゲームだっけ」という感覚が抜けない。始めたばかりの頃はそうだったのかもしれないが……

9月には二期に入って初めてのイベントがある。

現在の難易度でのイベント海域……果たして突破できるだろうか。

 

ガシャポン戦士f #1.5

※いくつか見え辛い画像があります。ご了承ください。

 

f:id:heart_graveyard:20180816192551j:plain

 「#01を持っていない!」という、ファンの要望が強かったらしく

#1.5という形で再販が決定しました。

僕は#01から集めている古参?なのですが、作りやすさや造形などがバージョンアップされているのは嬉しいですね。#01を持っていない人が多いのか、店頭からすぐ無くなっていました(#06は絶賛発売中)。

 

それでは、#01と比べながら見ていきましょうか

 

〇Hi-νガンダム

f:id:heart_graveyard:20180816200201j:plain

f:id:heart_graveyard:20180816200300j:plain

一枚目は#1.5単体(リカラー版)です。

二枚目の比較画像(左が古い方)と比べると、色合いやディティールの違いがありますね。大きな違いは無いのですが、個人的には左の初期版が好きですねー。ここら辺は仕上がりの問題だったりするので、甲乙付けがたい部分だと思います。

 

バンシィ・ノルン(覚醒状態)

f:id:heart_graveyard:20180816223204j:plain

#1.5は初期の再録版なのですが、こちらのバンシィだけは実は新録。

カラーリングが覚醒状態になってるんですね(01のバンシィはデストロイモード仕様)。

f:id:heart_graveyard:20180816223908j:plain

左のやつが#01のバンシィ・ノルン(デストロイモード)。

再録版は覚醒カラーになっているので、デストロイモードは貴重なのかも……

 

ガンダムバルバトスルプス

f:id:heart_graveyard:20180816225036j:plain

f:id:heart_graveyard:20180816225120j:plain

初期版と比べるとちょっとメタリック多めの塗装になっています。

#1.5は全体にメタリックな塗りが目立つので、二枚目の画像のように比べてしまうと初期版(左)の方が素朴な感じがして好きです。

 

ギラ・ドーガ

f:id:heart_graveyard:20180816225857j:plain

fに関しては一応#01から集めているのですが、当時は欲しい機体が出たら撤収する形をとっていました。今は全部集めるようにしてますが。

ですから、初期のギラ・ドーガ(レズン機も含めて)を持っていなくて、再録が決まったときとても嬉しかったです。01を入手してなかった人たちの気持ちが凄く分かります。SDフルカラー時代から再録は多かったので、シリーズを重ねていく内に再録版が増えてくでしょうね。

 

ギラ・ドーガ(レズン機)

f:id:heart_graveyard:20180816232013j:plain

ロンドベルなら鈴を鳴らしてりゃいいんだよ。

などの名言でコアな人気を誇るレズン姉のギラ・ドーガ

通常機とは武装やカラーリングが違うのが大きな特徴です(角もあります)。

ちなみにレズン専用機というよりかは、エースパイロット用に配備されているらしいです。

 

武者頑駄無摩亜屈

f:id:heart_graveyard:20180816233458j:plain

ひいき目なしで、すごくかっこいいです。

こいつをリファインする為だけに#1.5出しただろと言わんばかりの完成度。

メタリックカラー多めですが、SD系はむしろそっちのほうが相性いいですね。なんかこう、非現実的な重厚感があって。

f:id:heart_graveyard:20180816234007j:plain

せっかくなので初期版と闘わせてみた。

いったいどちらが、本当の「武者摩亜屈」になるのか……

実際に手に入れた皆さん次第といったところでしょうかね

 

 

fの方でも「再録商法」が始まったかという声も見受けられられますが、僕個人としてはSDフルカラーのころから「クリアカラー版」とか出てたりするので、こういうのはガシャポン戦士の伝統なのかなという気もします。

しかし、#1.5は単なる再録ではなくきちんとリファインして出しているので、まだ善良な方だと思います。シリーズを重ねて塗りや造形もどんどん良くなっているので、(言い方悪いですが)粗削りな初期シリーズをこのような形で出してくれるのは嬉しいですね。

そして一番素晴らしいのは、組み立てる時に指が痛くならなくなったこと。

ほんとコレ。

 

 

模様替え

模様替えしてみました。

といっても背景しか変えてませんが……

 

「心の墓場」

というタイトル通り、ブログを始めた当初はネガティブなことを吐露して色々発散するつもりだったのです。でも最近では趣味の話ばかりでダークな感じが無くなりつつあるので、それに合わせる形で模様替えをさせて頂きました。

個人的にずっと黒というのも単調で飽きたというのもあるし、病相も関係しているのかもしれません(良い悪いは別として)。

 

程々に見てくれている方がいらっしゃるようなので、定期的に更新できればと考えています。考えています……

 

ガシャポン戦士f #06

ここ最近暑い日が続いておりますね。

アイスがとっても美味しいです(白目

この前、ニンテンドーswitchを買って懐が寒くなった訳ですが……

節約モードに入ると言ったな、あれは嘘だ

一応、要らないもの売ったりして、財務の健全化を図っているのですが

物欲には抗えないのがヲタクの性。欲しいものがあると「いけない」と思いつつも、手が出てしまうんですねー。人間に理性なんかいらねぇんだよ!(暴言

 

というわけで今回は6月末にリリースされたガシャポン戦士の新作の話です

f:id:heart_graveyard:20180719222401j:plain

ガシャポン戦士を本格的に取り上げるのはこれが初めて。

#01から集めてはいたのですが、毎回組み立てるので満足してしまい記事にするには至らず。MSEは組み立てが楽だし、ラインナップも少ないので記事にする余裕があったんですよね。率直に言うと昔のfは色々と不親切で「造形だけが取り柄」みたいなところがあったんです。でも徐々にそれ以外の部分(組み立てやすさとか)が改善されていって、今回の#06は造形や組み立てやすさなどが(今のところ)一番安定しているなぁと感じました。

「安定している」というのは、やっぱり300円のカプセルトイですから全体としてはよく出来ていても、細かい部分が粗いわけですよ。それでもこの質をこれからも維持できれば上々なのかなぁと思います。

 

〇強化型ZZガンダム

f:id:heart_graveyard:20180719225728j:plain

アニメじゃない!機体が遂に登場。個人的にはハイパー・ビームサーベルが欲しかったところ。実はZZって物語後半で強化改装されてるんですよね。フルアーマーZZもその一つです。見た目が大きく変わるわけじゃないのに「強化型」にする必要あったのかな……紛らわしいw

 

f:id:heart_graveyard:20180720002410j:plain

出動!ガンダム・チーム!

過去の弾と組み合わせることでガンダム・チームを再現可能に。

ここまで集めてる人っているのかなぁ……

 

キュベレイ

f:id:heart_graveyard:20180719230832j:plain

 

キュベレイMk‐Ⅱ(プルツー機)

f:id:heart_graveyard:20180719231058j:plain

キュベレイ!かっこいい!美しい!

のですが……首のパーツが取れやすいので接着剤で固定してあります。

fは結構パーツが不安定なので、気になる方は接着剤で固定してしまうのも手です。完全固定になってしまいますが……

 

ジ・O

f:id:heart_graveyard:20180719232657j:plain

f:id:heart_graveyard:20180719232756j:plain

Zガンダムと激闘を繰り広げたシロッコ最後の機体。スマートなZと対を成す重厚なデザインが気に入ってます。闘志むき出しの設計思想もいいですよねー。隠し腕とか、隠し腕とか! みんな大好き隠し腕パーツも付属。分かってますねー、バンダイさん

 

ドーベン・ウルフ

f:id:heart_graveyard:20180719234041j:plain

f:id:heart_graveyard:20180719234121j:plain

お前のような量産機がいるか! と言いなくなるようなハイスペック量産機ことドーベン・ウルフGジェネでは大変お世話になった機体なので個人的に想い入れがあります。代名詞ともいえるメガ・ランチャー発射も再現可能。

この勢いでガンダムMk‐Ⅴも出して(嘆願

 

武者頑駄無

f:id:heart_graveyard:20180719235415j:plain

f:id:heart_graveyard:20180719235821j:plain

SDガンダム枠からは御初代様が参戦。#06になって登場とは最早遅参なのでは……

SDガンダム枠は「聖域」なので#01のときから造形に力が入ってて、割と贔屓されてるなぁと(まぁいいけど)。特に今回の武者頑駄無はよく出来ていて、造形・彩色申し分ない感じです。その情熱を他の機体に分けて欲しいぐらいです。 あと写真を見れば分かると思うのですが、付属パーツが多い!その数何と6つ! ZZなんて1つなのに……

SDシリーズに力を入れる気持ちは分かるんですが、最近はちょっと贔屓がすぎるというか……それで他の機体がおざなりになってしまうのはシリーズとして本末転倒になってしまうと思うんですよね。

 

個人的に危惧しているのはバランスとテーマ性の崩壊です。

昔、集めていたSDガンダムフルカラーは結構テーマ性が強くて、ラインナップもそれに沿ってという形が多かったです。fはまだ#06までしか出ていないので何とも言えませんが、そろそろシリーズとしてのテーマを明確していかないと厳しくなっていくと予想します。この辺りがシリーズ物の分水嶺なのかもしれません。

 

人間五十年

7月になりました。

知らない内に梅雨が明けて、クーラー必須な季節です。

今月から下半期に入るわけですが、もう一年の半分が終わったと思うと気付いたころには新年ですよ。平成も終わってしまうわけですし、何だかせわしない様な気がしますね。

 

すごく私的なことですが7月は自分の誕生月ということで、また一つ歳を重ねる予定です。人間五十年で言えば半分を超えたところなので、自分へのご褒美として

f:id:heart_graveyard:20180709034548j:plain

ニンテンドーswitchを買いました!

スマブラが出るまで我慢していたのですが、年末に出るらしいので『自分への誕生日プレゼント』ということで先んじて購入。夏なのに懐が寒くなった。

いつかは買おうと思っていても、こういうきっかけが無いと意外に手が出ないこともありますし。『きっかけ作り』って意外に大切なのかもしれません。

今はマリオテニスACEで遊んでます。でも一番驚いたのはswitchの仕様。

携帯機としても遊べるし、据え置き機としても遊べるのは凄い。

入手困難な時期もあったりしましたが「一人でもみんなでも遊べる」という使い勝手の良さがswitchの魅力だと感じました。

ファミコンからswitchまで、任天堂はゲームハードの先駆だと改めて実感した夏でした。

 

 

 

贅沢したのでこれからしばらく節約モードに入ります。