心の墓場

ここは言葉の掃き溜め、墓地のような場所。                      愚痴が中心ですので苦手な方はお笑いでも見ててください。

小説

君を知ること

4月に入って、桜が美しい季節になった つーても中旬になってしまったので、近くの公園の桜は散り散りになっているが……それでも風に舞う花びらは美しいものである。 この前も親戚の叔母さんがやってきて、小さなはとこを連れてやって来てくれた。「もう脚本と…

クライマックス!

今日は12/31。世間では大晦日、2016年最後の日。そしてコミケの3日目です。以前の私でしたら国際展示場の長い列にいたと思いますが、広場恐怖になってしまったのでそれも叶いません。病気になって6年目になりますが、適切な治療を受けさせてくれなかった親を…

新しい景色

フリーな立場になって、3か月ぐらいになっただろうか。 僕がゼミを離脱したぐらいに、親交のある同期のFさんも抜けたみたいで違う方向性で活動していくとのことだ(正確には持ち込み)。僕自身、コンクールってやつを信用してなくて、作品の完成度を測る指…