読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の墓場

ここは言葉の掃き溜め、墓地のような場所。愚痴が中心ですので苦手な方はお笑いでも見ててください

この生き方しかできないから

雑記 愚痴 シナリオ 歴史

「出奔する。ここに私の居場所はない」

人生一度は言ってみたい台詞である。

漢の高祖劉邦を支えた参謀、陳平は類稀なる智謀を持ち合わせながら劉邦と出会うまで主君に恵まれませんでした。しかし、あまりにも智謀に優れていたため主君である劉邦に生涯警戒されることに。しかし陳平は自分の才を用いてくれた劉邦に恩義を感じ、警戒されていることを知りつつも漢の忠臣であり続けました。劉邦の危機には奇策で命を救うなど、彼の天下統一に貢献しました。

楚漢戦争に勝利した劉邦は高祖として「漢」王朝を建国する。高祖が没し、外戚である呂氏による功臣の粛清や一族による独裁政権が始まっていくと、功臣たちは陳平を頼るようになります。陳平は表では呂氏に協力的なフリをして、水面下で政権を取り戻す謀をめぐらせていました。陳平は生き残りの功臣たちと一斉にクーデターを起こし、呂氏一族を粛清。新しい皇帝(文帝)を即位させ、漢が呂氏のものになるのを阻止しました。

陳平という男がいなかったら中国の歴史は大きく変わっていたかもしません。

漢の末期、曹操は人材登用のキャッチコピーに「今世の陳平求む!」みたいなことを使っていたそうです。陳平は素行があまり良くなかったことでも知られているので「不良でも陳平クラスならOK」ということでしょう。陳平クラスってハードル高いような……

 

 

中国に関わらず、世の中には埋もれていった才人が多くいます。

社会や企業なんぞは能力重視などと喧伝しますが、そんなものは大嘘です。

外国ならいざ知らず、この国は能力よりも年齢を重視するからです。

自分より劣っている人間でも、年上である限り頭を垂れ、気を使わなければならないのです。

確かにある程度の礼節は必要ですが、年上というだけで何がそんなに偉いのでしょうか。

実力があり、何らかの役職に就いているのならば、礼節を持って支えるのが普通なのでしょうが、ただ若いというだけで侮られる。

どんな人間であっても、どんな歳であっても敬意を持つ自由がこの国には殆どない。例え実力があっても、年齢という壁が邪魔をする。大変やりづらい。

「君は人の下につくタイプじゃ無いと思う」

じゃあ王様にでもなれってかw

いいなぁ、王様になって美女を囲みたい

などと妄想しながら、今は自由気ままにシナリオを書いている

この生き方しかできない。体に染み込んじゃってるんだね